劇場での上演に関して

昨今のコロナウイルス(COVID-19)の感染拡大について

日々ご心配の事と存じます。


Alexandrite Stageは、出演者・スタッフ並びに

御来場されるお客様の事を考え慎重に対応して参ります。


つきましては政府の要請と感染拡大の状況は十分に考慮した上で

下記のいずれかで行う事にいたしました。


『蜀国編に関して』

・緊急事態宣言が5/31で解除される場合

劇場キャパシティの50%にあたる90席を上限とした《有観客公演》


・緊急事態宣言が再延長される場合

関係者のみのDVD収録を目的とした《無観客公演》


『呉国編・魏国編に関して』

※本番二週間前に《有観客公演・無観客公演》を判断いたします


劇場での対策に関しましては公演直前に正式に発表致しますがご参照ください。

劇場内の客席は一席ずつ離して配席する事をお約束し

劇場に入る全ての方の体温チェックを行い健康状態を確認した後

マスク着用の上で入館していただきます。

アルコールスプレーの設置・施設内の消毒・可能な限りの換気で

劇場内でのウイルスの蔓延を防ぎます。

他、随時思考を重ねて対策をして参ります。


舞台業界は感染拡大を防ぐ為に国内でも一早く自粛を始めた業界の一つで

そこで働く人の中には自粛期間が既に3か月目を迎える者もおります。

この状況で出演者のみならず公演に携わる全ての舞台スタッフが

日々の生活にさえ困窮するケースが出てきております。


同時期の公演が軒並み延期や中止を発表する中で、同様の判断も選択肢として御座いました。

そんな中で主催する側として上演の結論を出した背景には

舞台で生活をする人へ「働く場所」とそれに伴う「収入」の提供という目的も御座います。


コロナウイルス(COVID-19)に配慮した自粛を伴う上演に関して

皆様の、ご理解とご協力をいただけますよう何卒よろしくお願い申し上げます。


Alexandrite Stage